【ボードゲーム】ビブリオス

日本語版にあらず。たぶん今出回ってる日本語版と内容は同じ。
購入当初は稼働率がそれほどでもなかったが、
今年に入ってから結構な数を回してる。
今回の湘重ボを合わせて少なくとも6プレイはこなし、
手持ちのゲームでは割とお気に入りになりつつある。
そんなビブリオスの感想まとめ。


ビブリオスは二部構成になっていて、
前半は山札から引いてひたすら自分と競り場と他プレイヤーに分配する。
後半は競り場に置かれたカードを1枚づつ競り落とす。
そして、カードの記号に該当するダイスを取り合い、得点を集計する。

ユニークな行程を踏むため、ルールを誤解する人が多くて
なかなかこのゲーム自体がブレイクしないのでは?
と勘ぐってしまうほど個人的にはドストライクなのだが。
日本語版の同発組では人気が一歩劣る印象なのが残念だ。

ゲーム自体はひたすら自分で安全圏を設定してカードを確保するだけ。
その過程で、どの記号を集めるか、損切りするか、のジレンマがあり、
シンプルなようで所々の決断は重く熱い。



写真は終了時。見事に私が3個取りを果たした瞬間。

このゲームはカタンや王への請願同様に"ダイスとの付き合い方"を
考えさせられるゲームだ。
なぜならば程よいサイズで質感も色合いも良いダイスが5つもあるのに、
"一切振らない"からだ。ダイスを点数表示の機能として使用するなんて、
ダイスの神あるいは変数の神が許すのだろうか。
なんと罰当たりなゲームなのだろうか。
なんとダイスに対して向こう見ずなゲームなのだろうか。
パッケージには厳格そうな修道士が描かれているが、
私のようなダイス教徒からすれば、もはやギャグ。

許されざるゲームだ。
ビブリオスは絶対に許さない。絶対にだ。
大好きだ。メディチぐらい好きだ。
[PR]
by souka_t | 2012-07-29 16:58 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2012年 月曜更新第三十一回 【ボードゲーム】エルサレム >>