【ボードゲーム】宅会にお呼ばれしてきました1/28
前回のゲーム会が縁で、宅会に招いていただきました。
その時にプレイしたゲームの紹介&感想。



原題:Wie verhext! 邦題:魔法にかかったみたい
デザイナー:Andreas Perikan

魔法使い達が薬を精製し合い、その出来栄えを競うゲーム。
システムはあやつり人形ライクなバッティングゲームで、
各プレーヤー12枚のカードのうち5枚を選び、互いの
バッティング時に相乗りするか権利を奪うかを決めるのが
ゲームの大きな流れ。選択権が時計回りの手番順なので、
後手番ほど有利でスタートプレーヤーがだいたい割を食う
あたりが非常によく練られている。
だいたい後半は得点関連の利害で思惑がぶつかり大いに盛り上がるが、
それでも針の穴を通すように周りの思惑を避けて自分だけの
カードを通した時の爽快感はクセになりそうなほど。
あやつり人形がアサシン・シーフでヤった時の"してやったり感"ならば、
この魔法にかかったみたいはカードを通した時の"抜けた感"と
後番で他人のカードの権利を全奪いした時の"出し抜いた感"がある。
間違いなく傑作だ。
ボドゲの傑作というのはこういう○○感といった造語が
自然と出て来るものですな。良いものには自然と言葉が湧き出るの法則と名付けたい。




原題:HIBERNIA デザイナー:エリック・B・ヴォーゲル

ケルト神話を題材にした戦略ゲーム。
コンポーネントが傭兵隊長そっくりではあるが、
システムは物凄く展開が速い陣取りゲーム。
ダイスを扱うためほどよく運が絡む仕組みであるものの、
手番中の二回の行動の内一つを強制するものでしかなく、
もう一手の悩ましさはかなりのモノ。
そして陣取りでありながら、むやみに領土を取れば勝てる
というものではなく、特定の色の領地を取る事で
得点が進行するというギミックは非常に面白い。
その時その時で領地の価値が激変し、どう奪うか
どう阻むかを模索するマルチプレー感はかなりのもの。
シンプルな陣取りルールとトリッキーな得点ルールが
合わさった見事なゲームだった。プレイ感はとても軽い。




原題:Troyes -トロワ- デザイナー:Sebastien Dujardin

フランスの都市を発展させながら外敵と戦い栄誉を競うゲーム。
今回の大物。ジャンルはワーカープレスメントでいいのかな?
ダイスロール・ワーカー配置というメインの要素に付随して
様々な場の効果やお金や名声を使用した駆け引きがある。
特に面白いのは"他人が振ったダイスを買える"というギミック。
自分のダイス運が無くとも他人の良いダイス目を利用できるという
ユニークな仕組みのおかげで、運だけでは到底勝てないゲームに
仕上がっている。更に得点関連も良く練られていて、
始めに配布されるカードにボーナス点が付く要素が示され、
それはゲーム終了まで公開されず、何の要素にボーナスが付くか
最後の最後まで分らない。即時点数に繋がるプレイもできるが、
このボーナス点による逆転も充分ありえるところが最後まで
油断ならない。
かなり複雑なゲームの部類なので少し戸惑うが、それを覚えるだけの
価値は充分有り、このシステマチックな造りは大いに学ぶところがある。
いずれもう一度プレイしてみたい一作だ。




原題:テイクイットイージー デザイナー:Peter Burley

テーマはよくわからない。たぶん・・ない?
超簡単な配置ゲームなのだが、その単純さとは裏腹に、
欲張るか消極的に行くかのジレンマが凄まじい。
ゲームの流れは、親役の1人がランダムで選んだピースと
同じものを全員が選んで自分のボードに配置し、
ボードが埋まったら同じ色のラインが一列並んだところの数値を
個数で掛け算したものが得点となる。
なんというか、ビンゴゲームをドイツゲームフィルタに通すと
こうなります的なゲーム。めちゃくちゃ簡単なので万人に勧められ
かつパーティーゲームにはもってこいの内容。乙なゲームです。




原題:メディチ  デザイナー:Reiner Knizia

イタリアの名門メディチ家を題材にした競りゲーム。
ボードゲーム界隈ではかなり有名な作品で
クニチア先生の名作競りゲームの1つ。
ゲームの流れは5色1~5の数値のカードと無色の10のカードを
時計回りにオークションして行き、全員が5枚獲得するか
オークションするカードが無くなるまで続け、最後に
カードの合計値や色のピラミッドを動かし得点。これを3ラウンド繰り返す。
とにかく洗練されている。これほどスマートに競りのジレンマを
産むことができる事に驚愕してしまうほど。
ルールはとにかく簡単で、競りのバランスは2ラウンドもすれば掴めるため、
競りゲーム入門にももってこいの内容であるが、考えどころも多いため
コアな駆け引きもしっかりとある。傑作と名高いのも納得した。
これは一度はやっときたい一品だ。


と言う訳で、今回もめいっぱいボードゲーム三昧でした。
いやはやボードゲームは人集めるのが一番面倒なので
お呼ばれするのが楽でいいです。来月も1回か2回は参加したいな~。
皆さんも是非お近くのゲーム会などに参加してみることをオススメします。
やはりゲームは悩ましくある相手を目の前にしてこそ楽しいものです。
[PR]
by souka_t | 2012-01-30 22:16 | ボードゲーム | Comments(0)
<< エクスリワード制作後日談 最終回 2012年 月曜更新第五回 >>