【ゲーム】ICO


名作と名高いPS2専用ソフト ICO-イコ- に挑戦。


このゲームは2001年にソニーコンピュータエンタテインメントよりリリースされた
3Dアクションゲーム。角のはえた少年イコが巨大なお城で出会った謎の少女と
脱出劇を繰り広げるといった内容。


個人的にこのテの3Dゲームはバイオハザードといいジュオンといい苦手だったのですが、ICOはすんなり入れました。
というのも、アクション要素よりもパズル要素の方が濃いので、あらかた用意されている
巨大なフィールドである城をあちこち帆走するという訳でも無く、丁寧に一区切りごとの
しかけを堪能すると言った感じ。
キモであるパズル要素は総じて言えば簡単なものの集まりだと思う、
登ったり、ぶら下がったり、レバーを引いたり、火を灯したり
その時その時に求められるアクションは部屋や区画内の構造を見渡せば
必ずヒントがあります。
ただ自分は所々で数時間詰ったりして考え込んだりしましたが、アタマを柔らかくすれば
たぶん簡単です、正直自分のアタマの堅さを思い知らされたという感じ…
このゲーム、結構素直さが求められるかもしれません、逆を言えば親切に出来てます。
あやしいものはあやしく 関係ないものは極力無駄に置いて無い といった感じに、
その場その場のフィーリングで乗りきるのが大事です。
というのも、 このゲームに言葉や文字によるヒントは一切ありません
やれ あれをしろやこれをしろ むこうに行け あっちに行って などの指示は一切
ありません。 たとえるなら この扉が開いたから じゃあ入るか でずっと進みます、
進めなくなった時に 視覚情報を元にプレーヤーの直感が求められます。
これってグラフィックに相当の自身が無いと出来ないことだと思うんですけど、
たぶん綺麗だからオブジェクトが分かりやすいんじゃなくて、変に無駄にあやしいもの
が無いからだと思います。
一般に出まわってるこのテのゲームですと、扉の絵があるのに入れない  なんか落ちてるのにただの背景の一部 だったりするじゃないですか、自分がフル3Dのゲームが嫌いな
訳ってそこなんですよね~、ファミコン世代というのは もう手探りでアヤシイモノを
探してきた訳で、それはもう壁の色1つ変なら そこには何かある という直感で乗り切ってきた訳で、最近のって あやしいけど背景の一部でしかない というスカをくらいまくって
正直滅入ってきます。 イコはそんな手探りゲーマーにも優しい出来なんだと思います。
かなりオススメの一作

-関連サイト-
ICO公式サイト
[PR]
by souka_t | 2004-12-16 07:07 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(4)
Commented by 6XjSVga at 2004-12-16 13:24
ICO面白いよね。
このソフトはPS2を買ってよかったと思える作品だと思う。
ストーリーや色々な面でシンプルに進んでいくのもいいね。
ヨルダと手をつないで進んでいくアイデアも好きだな。

スイカのエンディングはおすすめ。
Commented by souka_t at 2004-12-17 08:36
ぬお スイカのエンデイングなんてあるですかーっ
今度挑戦してみるです!
Commented by 湘南のエロ at 2004-12-17 10:02 x
なるほど。 ICOを50本目に持ってくるとはニクイ演出ね。
このゲームで私が言いたい事はひとつ!

「戦闘中以外は、手を繋いで走るな!!」

もっとヨルヨルを労わってあげるのですヨ。
このゲームは、2週目のスイカエンドを見なくちゃクリアとは言えませんぜ。
2週目は敵も手ごわいのでガンバってね。

あと、すんごい隠し武器もあるから探してみるのもよろしいかと...
ヒントは、「水車小屋」と「立ち木をぶん殴る」だ。
Commented by souka_t at 2004-12-17 20:00
常にツノ繋がりで初期のバッファローマンぐらい凶悪なイコが
いやがるヨルダをむりやりひっぱる図を想像していたから手遅れだ!

というか二週目なのかスイカ 二度はさすがに腰があがらね~
<< 【ゲーム】メイドインワリオ 【グッズ】懐かしい一品・鳴沢唯貯金箱 >>