【ボードゲーム】旧版モンスターメーカー

部屋を片付けていたら、約●十年前に買っておいた
モンスターメーカーが発掘されました。

思えば当時ルールが理解できなくて、しかも
ファミコン全盛だったせいかアナログゲームをやってくれる
お友達がいませんでした。ほとんど九月姫画集として買ったようなもので、
この頃の九月姫先生の絵柄が一番好きです。


中身はやや経年劣化してましたが、プレイには問題なさそうです。


しかし、シーフカード一枚に塗料が付着して使用不可能。
やや残念。そのうち全部スキャンしてラミネート版に作り変えたい。


早速●十年の時を経て、ソロプレイをしてみようとマニュアル解読作業。

しかし、何かがおかしい。
マニュアルに書いてある事と、セットカードの内容が噛み合わない・・・


あれれー??
なんかタイトルがおかしいよー


ちげえええぇぇえ マニュアルはモンスターメーカー2で
品物はモンスターメーカー1だ。

●十年前にプレイできなかった原因が
世紀を隔てた今に判明する。
入ってるマニュアルが別物っ!!



しかたなくネットでの文献を探し、解説サイトを参照にして
1人2役で回してみました。

なにげに鈴木銀一郎氏の作品に触れるのは初めてでしたが、
これは凄い・・・ 80年代の作品とは思えないほど
シンプルで収束性がある。頻雑さが全く無いし、ダンジョンを進んで戻ってくる
という一点にピントを合わせたシステムは見事という他に無い。

欠点といえば、この当時のモノ全般に言えるカード内容の表記不足。
クレリックとかの効果も全部カード内のテキストに落とし込めば
遊び易さは格段に上がると思う。
これのリメイク版はそのあたりは改善されてるのだろうか?
[PR]
by souka_t | 2011-12-15 23:35 | ボードゲーム | Comments(2)
Commented at 2013-07-09 20:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souka_t at 2013-07-10 19:30
ほうほう 元があるとは知らなかった。
どうりでよくできてるわけだー
<< 松浦寿輝【花腐し】 アメーバピグの約半年間07 >>