【レトロネタ】テレコマ戦士どんぶりマン
日清、ガンプラ入りカップヌードル発売 発売40周年を記念(msn産経)

記事の見出しを見たときは、「また大きな市民権を得たガンダムコラボ企画か」
と適当に流すところでしたが、キャンペーンの懸賞品を見てみると・・・



これはどう見ても
テレコマ戦士どんぶりマン。

どんぶりマンと言っても、80年代の玩具なので
何の事か分からない方も多いかと思われます。
簡素にまとめた説明をすれば、
当時のインスタント食品とコラボした
変形ロボット玩具。
タカラ製だけあってか、とても丈夫で材質の良い完成品でした。
細かい武器パーツはよく無くてしても、本体は長らく健在だった人も
多いのではないでしょうか。自分も緑のたぬきとウーロン茶が長く健在でした。

時々思い出したかのようにグーグル検索をかけると
全く詳しい情報が出ず、無論ウィキも存在しない。
数年前に1度だけ自分が2ちゃんでスレッドを立てたこともありましたが、
レスが少なくすぐに落ちてしまいました。
それほどにマイナーで、年月が経つごとに忘れ去られていく
アイテムの1つかと思われました。

しかし、上記のキャンペーンのどんぶりマンもどきを見て、
今朝方久しぶりにグーグル検索をかけてみたら・・・


テレコマ戦士(ソース元:ファイツかよ!)

俺の財布が真っ赤に燃える?玩具を掴めと轟き叫ぶ?(ソース元:サヌカイトゥ)

テレコマ戦士リスト(ほぼ完全版)&TC-13新情報!(ソース元:京希の沙汰とは思えない 2ndシーズン)

凄い凄い!!
2~3年前までまったくと言ってもいいほどウェブ上に文献が無かった
テレコマ戦士の記述が飛躍的に増えてた。感動ってもんじゃないですよ。
当時の記憶だけだったから、こういう全容を凄く知りたかった。
あの当時夢中になってたテレコマシリーズは、結局どれだけ増えて、
どんな食品がロボット化したのか凄く知りたかった。

記憶が確かなら、OVAかキャンペーン景品みたいなのでアニメ化してたと
思いました。 機会があればそれも見てみたいですね。

同様にヴィルガストもかなり前からウェブで補完されたので、
レトロ玩具関連で思い残す品と言えば
"ゼンマイで駆動するガンダムの対戦プラモデル玩具(商品名不明)"の詳細と、
キャッ党忍伝てやんでえのプラモ復刻ぐらい。(フィグマ200体記念に皆でヤッ太郎推さないか?)


去年は長年謎だったCMソングの判明と、長年捜し求めていたPCゲームの入手に
成功し、今年は長年知りたかった懐かしい玩具の詳細を知り得た。

残すは長年もう一度手にとって読んでみたい漫画。
"ドラえもんののび太植物人間最終回が漫画の形になったもの"だ。
ちなみに少し前に流行ったのび太が博士になってドラえもんを作る美談のやつではない。
ド鬱エンドの方。そしてこれは良く出回ってたテキストだけの形ではない、
しっかりとした漫画という形になっていたモノ。
自分が小学校に上がるか上がらないかぐらいに1度だけ
友人宅で見させてもらったモノなのだけど、これまた記憶が曖昧で
同人の薄い本だったのか装丁が商業っぽいものかどうかも思い出せない。
ただ、同人にしても藤子A先生の画風に恐ろしく似せていたという印象がある。

20年以上にも及ぶこの件にもそろそろ決着を付けたいと考えてるので、
唯一の重要参考人である青●さん、見てたらご連絡下さい。結構マヂで。

また、心当たりがある方も是非ご連絡ください。
[PR]
by souka_t | 2011-08-30 19:51 | いと模型もおかし | Comments(0)
<< 2011/08/31 制作近況 2011年 月曜更新第三十五回 >>