【ボードゲーム】操り人形

カードゲーム・操り人形。

ハードコアメンツ4人でプレイしたレポです。

今回もラジオ番組風のゲーム紹介をご用意しました。
是非、聞きながらお読みくださいませ。

湘南ボードゲーマーズ第三回 【操り人形】

ジングル・効果音素材
01SoundEarth様 
On-Jin ~音人~様 


ほんのわずかな引き運と濃厚な読み合いから成る本作は、
まさに傑作の名に相応しい。

"役職を1枚選ぶ"たったそれだけのことが、
このゲームの全てと言っても過言ではなく、
毎ターン置かれた状況を分析しつつ選ぶのは、
本当に悩ましくて、また、逆に悩ませるのが
面白い駆け引きとなっている。

秀逸なのはコインと建物カードという富を軸に据えた
役職カードの構成だろう。
建物カードを大幅に増やすものがあれば、建物カードを全て交換してしまうものがあり、
コインを大幅に増やすものがあれば、コインを全て盗み取ってしまうものがある。
健全な貯蓄方法と不健全な獲得方法という上手い二面性が
役職カードの効果に現れていて、それが絶妙なゲームバランスに消化されている。

終了条件の建物8つ建設も上手い設定で、
安い建物をたくさん建てて早上がりを目指しても、大きなポイントを持つ建物を
着実に建てていった方が勝つことも充分有りうる。
無論、勝ちに急ぐ者ほど有利な役職を狙いに行き、
それを読まれて暗殺者や盗賊の餌食なりやすいという、
このゲーム独特の出る杭は打たれる状況となりやすい。
そしてそれが面白く、緊迫した状況を生む。

唯一の欠点は、ゲーム内容が盛り上がれば盛り上がるほど
読み合いが激しくなり口数が減り真剣勝負ムードに移行し
長考が続き長丁場になりやすい点。
正直、入れ込む人ほど消耗が激しいのでリプレイ性はさほど高くないと思われる。
しかし、やれる環境なら1日に1プレイはしたいほど魅力的なゲームだ。

4人で二時間近いプレイ時間が確保できるなら、間違いなく買いの一品。
濃厚な時間を過ごせることウケアイだろう。



■購入可能先リンク
すごろくや操り人形紹介サイト
メビウス操り人形紹介サイト
[PR]
by souka_t | 2011-05-13 05:37 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 【アニメ】ぼくらの 【ボードゲーム】ゲームマーケッ... >>