【ボードゲーム】自作ワードバスケット
JAGA・日本ゲーム協会でワードバスケットのプロトタイプデータ
公開されていたので、それを参考にオリジナルデザインの
ワードバスケットを自作してみました。


テーマはオカルト。
うっすらと背景絵があり、日本の百鬼夜行・中国の妖怪・ブードゥーのグール・
ヤハウェなどが描かれています。
特種カードもオカルティックな記号や図面が使われており、
見た目だけ中二病全開なワーバスとなりました。


プレイ中の図。
山札からカードの裏面が見えます。
アップで写し忘れましたが、裏面の絵柄は
ウロボロスの蛇の真ん中にセフィロトの樹をあしらい、樹の中心部に
太局図が置かれています。中二病です。
ちなみに中央の箱はパイの実の空箱です。
ちょうど良い大きさだったので、これがゲームで使うバスケット代わり
かつ収納箱になりました。


ひろゆきが国に帰って2人でできるカードゲームを所望
していたので作ってやりましたが、ついつい一晩中かけて
素材探しやレイアウトを練ってしまいました。
明くる日にラミネート作業は手伝わせましたが、
こうやってその場で作ってすぐに遊ぶというのもなかなか乙です。
前回の自作ディクシットも良かったので、世のお父さんお母さん方は
息子さん娘さんと工作&ゲームプレイで休日を過ごすのも良いかもしれません。


ワードバスケット自体もエキサイティングなゲームでした。
頭の回転とボギャブラリーに大きく依存するルールなので、
負けた時の悔しさは尋常ではありません。
ここまでくるとスポーツですね。ガチでやる百人一首と同じぐらいの
熱狂っぷりです。

自分が学生の頃だったら、修学旅行や遠足・キャンプに持参して
休憩中にさっと出して遊び、班の結束を高めてますね。
それぐらい手軽でシンプルだけど熱くなれるゲームです。
[PR]
by souka_t | 2011-04-30 07:03 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2011年 月曜更新第十八回 川上弘美 【蛇を踏む】 >>