2011年 月曜更新第十五回
月曜です。
皆さん一週間いかがお過ごしでしたでしょうか。

先週というか昨日は花見行って来ました。


集合場所のモノレール目白山下駅。
江ノ電よりやや知名度が落ちる名物機関の湘南モノレールですが、
乗ってみると適度な揺れっぷりに興奮します。
湘南の山景色を堪能できる点も観光名物としてなかなかのものです。


目白山現地の桜。
今年は桜の真下という絶好の場所を確保しました。


5人で持ち寄った食物。


あふれるほどに主食。
今回も腹を満たすに充分過ぎるほどの内容。


みなぎるほどにデザート。
デパ地下の競争率に勝ち残った店の逸品。


食後のボードゲーム。
今回は定番キングレオに加えて、新たに"お邪魔者"をプレイ。
詳細は別項で。


小休止の駄菓子。
キャベツ太郎が無かったのが惜しまれるが、悪くないセレクト。

今回の参加者は、
G-CHILD、かつを節、あ~る、荒木(37)改め火星人、そしてこの私。

今年も無事決行に及び、飲み食い語らい遊んだ。
ひと月前の天変地異ではどうなることかと思われたが、
例年どおり集まれたことに安堵した。
そして、相変わらず桜より食い物、話も今年の話題作を中心に
レトロゲームやBGMの話題。変わらぬ日常がここにある。
来年も集まりたいですね。


■今週の文学ノート
石原慎太郎都知事続行ということで石原さんの話。
石原さんが芥川賞取ったのは第34回でしかも学生の頃、
確か最年少を更新したとかだったかな。
大幅に更新されるのは2000年代入ってからなんで、
結構凄い事だったり、30回台の芥川賞も
遠藤周作・大江健三郎・開高健とかなり凄いメンツだったりします。
(個人的には開高健イチオシ)
その芥川システムでは、受賞者が選評に周るのですが、
これがしっかりと記録に残ってて、ネットでも簡単に観覧できます。
で、無論、石原さんも受賞後に選評側に周る訳ですが、
これがまた絶句。絶句と言っても新井素子さんの初期作品ではありません、
そのまんまの意味の絶句。いくつか参照していただくと大変分かりやすい
のですが、個人的には115回の川上弘美さんの【蛇を踏む】の評が
ヤバイと思います。理解の範囲を超えるととりあえず煽っとけ的な
マッチョスタイルが閣下の威風でしょうか。ステキです。
その反存在として、個人的に素直に推したいのは池澤夏樹先生の評です。
知性溢れる引用からはじまり、"確実にこれを読んでる"と思わせる
本編引用で優しく撫で上げるような褒め言葉。こりゃめろめろです。
池澤先生はガチと思い、すぐさま先生の受賞作スティルライフを読み上げました。
さて、池澤先生と言えば我々にも馴染み深い・・・、いや、この話は
スティルライフの感想の時にとっておくとしましょうか。


■今週の制作報告


先週は花見などの調整のためエクスリワードの進展は素材のみ。
上の画像は武装盗賊レッドフック・レッドストライブという兄妹。
本編中盤頃に現れて主人公達と戦います。
今週こそ4部完成を目指したいです。後半の5部6部が7月ぐらいまでに終えて、
8月にはテストプレイに入れるといいなあ。最近は感想貰う事も多く
なってきて嬉しいけど、ホントこっちは待たせて申し訳ないと思う。
下手に物事を広げずエクスリワードの作業に時間割いていくんで、
もうちょっと待っててネ。

アナログゲームの方は、
ノリで作ったリングオブレッドカードゲームのテストモデルが
かなりいい具合にバランスが取れてた。問題は一部強力に設定してしまった
特種カードと占領拠点の過剰なボーナス。その2点を再考すれば充分遊べる
ものになっていたのには自分で驚いた。
そして、フラッシュノット2つ生産。TAIBANは何気に東北地震の煽りで
素材調達が難航との事。やっぱり地震の影響はあっちこっちにあるね。
[PR]
by souka_t | 2011-04-11 20:37 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
Commented by G-Child at 2011-04-12 13:10 x
お花見お疲れ様でした。
こんな時期だからこそどんよりしていないで、前向きに行きたいですね。

お邪魔ものが面白かったです。
プレイを重ねていくほど、お邪魔側が不利になっていく様子がドラマチックでした。
多分、もうちょっとやり込むと、またお邪魔側が有利になりそうな気がしています。
Commented by souka_t at 2011-04-13 18:02
おつかれー。

俺一回も邪魔者側にならんかったので、
不完全燃焼だったわー。このためにどんなブラフ飛ばすか
いろいろ考えてただけに残念。あんなにやったのに全部
金鉱掘り側とか、前世は金鉱掘りに違いないわ
<< 中里恒子 【乗合馬車】 囲碁 >>