2011年 月曜更新第十二回
月曜です。
皆さん一週間いかがお過ごしでしたでしょうか。

先週はこちらの地域で計画停電が実施されました。
江ノ電が止まって何もしようが無いところに更に追い討ちですが、
折角なのでアニメを消化。昨今の話題作フラクタルとまどかマギカを観賞。

・フラクタル
王道。まさにこの言葉に相応しい。
昨今これほど王道なアニメがあっただろうか。
空から女の子が降ってきて、ヒョロ・デブ・女の三人組に追われ、
文明人との戦いに巻き込まれて、秘密を握る女の子の争奪戦を展開する。
もうね、こういうの大好きですよ。古いアニヲタで嫌いな奴なんていませんよ。
自分らの世代でこういう未来少年コナンの系譜を否定なんてできませんよ。
対照的な2人のヒロインのどちらも魅力的過ぎる。
ネッサとフリュネのどちらがいいかと言われれば小一時間悩むレベル。
悩み過ぎてフンドシボーイを選択するレベル。
小林ゆうさんの少年演技は底知れないね。

・まどかマギカ
前述とは対照的に、こちらは画期的過ぎる。
契約して願いを叶えるといえば即座に思いつくのが仮面ライダー龍騎。
今思えば、ナイト以外の参戦理由は軽いのが多かった。
マギカはその契約理由に大きなウエイトを持ってくるという発想が素晴らしい。
クリーミーマミから続く魔法少女モノと言えば、第一話の唐突な成り行きで
契約を済ませて使い魔から魔法具を授かってしまうものだ。
昨今は複数の使い魔がそれぞれの契約者を担当するのがスタンダードだったが
(とくにプリキュアとかねっ)、使い魔を一匹に絞ったのも逆に新鮮に見える。
思えばクリーミーマミの時点でネガとポジという二匹の猫使い魔がいた。
ペルシャに至ってはカッパが3~4匹ぐらいいた気がする。
そして、序盤で脱落する魔法少女がマミという名前なのも感慨深い。
自分らのようなぴえろシリーズ至上主義の古参魔法少女フリークに対して、
"てめーらの時代は終わったんだよ!!"と叩きつけられた気分だ。
ここまで斬新な魔法少女モノをやられてしまうと逆に爽快に感じるもので、
本当にラストが楽しみでしかたがない。話題作なのも頷ける。


それと、久しぶりにボトムズ見た。
ボトムズマヂヤバイ、面白過ぎた。


それともう1つ先週の出来事。
らいつべで花澤香菜リレーを冗談半分に立ち上げたら
昨日の夜の時点で連続24時間達成して吹いた。
リレー繋げてくれた方々、ありがとうございました。
リレー中に連投した"ひとりでできるかな"への投稿が採用されたら
更に爆笑モノですね。それにしても胸がキュンとね!のコーナーは
敷居が高いですなー。胸きゅんエピソードなんて思いつかないですよ。
思いつけるならギャルゲライターになれるんじゃないっすかねアレ。
ちなみに自分の投稿の書き出しは 香菜ちゃんエンタングル! です。
次回は阿澄佳奈リレーくるか!?


■今週の一枚


■告知
四月初頭に予定していた花見ですが、
停電計画がよく分からんことになっているので中止にする可能性大です。


■今週の文学ノート
計画停電の夜、民家ひしめく街中を歩いた。
街灯の無い街というのは、驚くほど風情があるもので、
言い知れぬ静寂と立ち並ぶ家屋が奏で出す闇夜は
どこか暖かい。たまに立ち止まって仰ぎ見る宙は美しく、
照り輝く月の周りに光る星々もまた闇を彩る。
漆黒に魅了されるように徘徊していると、
突然、四方から光が放たれる。
停電の終わりは、夢の終わりのようだった。


■今週の風早君になりたい
計画停電中はさすがに風早君もおとなしくしてるだろう。


■今週の制作報告


エクスリワード4部ステージ6で使う新規素材完成。
上の画像は竜騎兵。ライフルと刀を扱える騎兵派生の最強兵科です。
ステージ6ではこの最強兵科を駆る強力なキャラ、白牙のライオームが
登場します。彼に関しては硝煙の四重奏でもちょこっとだけ話が出てまして、
数年の時を経てようやく登場となりました。彼の実力を余すことなく発揮される
ステージ6になる予定です。

アナログゲームの方は進展無し。
今週はこっちを重点的に進めたいと思ってます。
[PR]
by souka_t | 2011-03-21 05:47 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 安岡章太郎 【悪い仲間】 【ボードゲーム】剣劇 >>