【模型】LBX-002 デクー

今話題沸騰のダンボール戦機
そのプラモデルを玩具マニア氏が持ってきたので、
その場で組み立ててみました。


マニュアルはちょっと豪華なフルカラー仕様。
ランナーがアルファベット表記ではなく記号になっているのも印象的。
既存のプラモデルに慣れていると一瞬戸惑いますが、
今後はこれがスタンダードになるかもしれません。


それぞれのパーツが組みあがった状態。
左上はゲームで使うサイコロの役割をする付属品。

以下、少しだけスミイレをした後のポージング写真









若干シールを多様気味ですが、色プラとしての完成度は高いです。
可動範囲も広く、クリアパーツも効果的に使われている感じです。

当初、バンダイなだけにBB戦士の技術を応用したキットになるかと思いきや、
組み立てた感じはガッチリとしていて、BB戦士とはまた違ったものでした。
なんというかバンダイプラモというよりタカラのグランゾートあたりのキット
を組んでいた感覚に近い。図面的にポリキャップの使い方などはかなり大胆で
面白く、可動への工夫を感じられる設計となっていました。

可動フィギュアとして見ると値段相応の評価に落ち着きそうではありますが、
オプションとギミックの不足感は否めないところです。
多く揃えてブロック玩具化させるという狙いは伝わってきて、
それはそれで素晴らしい企画でありますが、パーツ1つ1つへの
ギミックに一工夫欲しかったですね。不足分はウエポンの数で補うなどの
配慮があればまた一段階評価が変わってくるキットだと思います。
定価約1000円のキットで盾と銃1丁だけというのはさすがに寂しい。
今後の展開に期待です。
[PR]
by souka_t | 2011-03-15 05:08 | いと模型もおかし | Comments(0)
<< 【玩具】ムゲンバインでブーン... 堀田善衛 【広場の孤独】 >>