2011年 月曜更新第九回
月曜です。
皆さん一週間いかがお過ごしでしたでしょうか。

先週は物凄い気まぐれで、"市の子育て講習会"に参加して来ました。
事のはじめは町内掲示板で案内を見て、無料で受けられるのと
"子供の遊び"という講義が興味深かったという理由に加え、
めちゃくちゃ近場で実施されるとのことなので、ネタになるし
冷やかし半分に行ってみようと思い参加に至りました。

行ってみると、会議室の中はママさんとロッテンマイヤーさんで
いっぱい。自分(19)とか超浮きまくりで、さすがに場違いのところに
来てしまった感は否めませんでした。
しかし、そこで臆してはSRS(ショーナンロケッティアズ)の長の名が廃るということで、
攻めの姿勢を貫き、最前列に陣取って質問タイムでは一番槍。
冷やかし半分で着たものの、講義がはじまってみればしっかりノートを取るなど
学生さながらの受講スタイルを確立してました。

講義内容に関して、どれも大変興味深いものでした。
期待していた"子供の遊び"は、ボードゲーム制作に直結するような
要素が多々あり、特に乳幼児・幼児・児童の遊びの移り変わりに関しての
考察は予想以上に参考になりました。
"食事・料理作り"の講習では、日頃から全く栄養バランス無視してると
思い知らされました。もう笑っちゃうほどですこればかりは。
それにしても、ジュースに砂糖がどれぐらい入ってるか?とか
ポテトチップスに油がどれぐらい使われているでしょう?の
例題は、以前自分でジンジャーエル作成とフライドポテト作成で
だいたいどの程度が知っていたのでニヤニヤが止まらなかったです。
"子供の発達と親"の講習では、現代の研究が進むに連れて警戒すべきものが
どんどん増えているという印象。物の扱いを少し間違えれば惨事に繋がる
という要素はどんな部屋や空間にもあるもので、そこまで神経質になるのか
と思わされる反面、育児ノイローゼやモンペ化も致し方なしという現状の
一端を垣間見ました。他にも市内虐待発見の数が笑えない数字だったり、
心理学を交えた児童の成長の話など、全体的に有意義な講義でした。
どこでも実施しているかは分かりませんが、
近場でやっていたら意外とオススメです。


■今週のジョロキア栽培

陽の当たるベランダに置いておいたら無くなってた!!!
地震で落ちたのかなと思ったけど、周りに残骸が無い。
トンビに持っていかれたかも><
来週からこのコーナーどうしよう・・・

■今週の文学ノート
90年代から2000年代までに、ご近所付き合いや
市町村のコミュニティの衰退が、文学にも大きな影響を
与えたという説があります。
個の心理描写の掘り下げ方とでも申しましょうか、
手の届く範囲の関係を世界とするセカイ系の台頭というやつです。
表現や物語の構造的にそれが進化なのか停滞なのか、
状況は現在進行形な訳ですが、芥川賞作品の新旧作品を
交互に読み比べてみると、確かにそういった方向への
変化を感じます。

■今週の風早君になりたい

オカンに用事を頼まれて渡されたマップ。
先週我が家を震撼させた謎の暗号文である。
解読の焦点になったのは右側の線路状の記号。
当初誰しもが江ノ電と思っていたが、実はそれがミスリード。
町内を数時間うろうろするという醜態を晒しながら、
なんとか目的の家宅を発見。
この現場百篇の精神は風早君に通じるものがあるだろう。
今週も一歩近づいた。

■今週の制作報告

エクスリワード第4部ステージ3とりあえずの完成。
上の画像は追加されたマップチップ。
ちょっと演出的に面白味の無いステージになってしまったけど、
中盤では重要な稼ぎステージにはなったかなと。
今週はステージ4。訓練シナリオ!!

アナログケーム制作の方は、
ウォールヅの梱包が一応決まった。
ぴったり入るケース状の素材が無かったとはいえ、
ちょっと地味過ぎるかなあとは思う。
それとサークルカット提出期間が始まったので、
早速作成し提出した。


こんな感じ
[PR]
by souka_t | 2011-02-28 08:03 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 鎌倉行ってきた 【ゲーム】4GAMERからゲッ... >>