2011年 月曜更新第五回
月曜です。
皆さん一週間いかがお過ごしでしたでしょうか。


先週は久々に映像メディアに釘付けでした。
正月、旧友に「今年は西側から事が起きる」と予想を話した矢先、
こんなにも早く事が起き驚きました。ムバラクって80超えだったんですね。

ついでに録り溜めていたアニメも消化。
俺の妹がこんなに可愛いわけがないを一気に視聴しました。
女の子をヲタ色に染めていくお話は過去に幾度か見た覚えがあるのですが、
男の方が女の子に染められていく話は意外と無かったんだなあと。
今となっては男の娘とかもブームじゃないですか、
女版トサカ先輩が線の細い男子をそっち方面に染めていくお話とかも
ありなんじゃないかなあと見ていて思いました。いや、昨今のエロゲ業界になら
既にありそうですね。

もう一本。
ファミリー劇場で銀河英雄伝説の外伝を見ました。
銀英伝は中高生の頃にレンタルして何度も見て、
周りの友人に布教しては、布教先の友人の父親までハマったりと
自分の学生時代では一大ムーブメントでございました。
それが意外や意外、本編は何度も見てきましたが、
外伝は一度も見たことがありませんでした。
今回見たのは、ラインハルトが決闘をするお話。
帝国らしい古い様式に則った決闘方法のために
練習を重ねるラインハルトとキルヒアイスの試行錯誤っぷりが
非常に可笑しく、ついつい見入ってしまいました。
所詮はファンサービスと侮っていましたが、外伝なかなかにして侮り難しです。

おまけに大河についても。
江、前回と今回だけ見てみましたが意外と悪くないですね。
オープニングのピアノソロから入るところとか花の乱以来かな、
NHK交響楽団は相変わらずいい仕事してます。
内容も戦国ながら戦に焦点を当てず、どちらかと言えば心情に着眼し、
文化や祭事の場面に力を入れてるところが面白い所です。
自分ぐらいの戦国マニアともなると豪華な戦舞台より、
蘭奢待-らんじゃたい-の話とかをちょろっとエピソードに入れられると
ニヤリとしてしまいます。冒頭の匂い合わせ遊びなども良かったですね。



■今週のジョロキア栽培

5週目。 先週やっと陽射し問題が解決され、
いよいよ芽ぐらい出るかと思われたが、出ず。
むむむ・・・ むむむではない!!


■今週の文学ノート
図書館の蔵書不足のため、中期の芥川賞作品が回収できない状態だったので、
一気に100回台(昭和から平成の転換期ぐらい)の作品に手を出してます。
ここまでくるとラノベと同じ感覚で読めるので気楽で良いんですが、
メッセージ性と言うんですか?作家の言いたいことというのが
非常に明確になってきた印象を受けます。
プロレタリアと戦後作家の違いなのでしょうか。
芥川賞初期の作品は一度読むとその濃厚さゆえにおなかいっぱいになりますが、
100回台の後期になってくると、一度一通り読んだ後にもう一度読んでもいいな
という気になりますね。


■今週の風早君になりたい
今回は、腰越町内の道端で老夫婦に道を聞かれたので
爽やかな笑顔で
「それならこの先をもう少し行ったところです。
自分も同じ方向なのでご一緒しましょうか」
と言った。言ってやった!!どうよ、ここまで行けば
もはや風早君だろう。今週は10歩ぐらい近づいたに違いない。



■今週の制作報告

エクスリワード第3部完成。
上の画像は借金取りのルイーゼさんで、
3部エピローグで【借金を返さない】を選択すると
こんなカンジに爆装兵から成る擲弾部隊を引き連れた彼女と戦闘になります。
他の章でも同様に借金取りが現れますが、毎回かなり強力で、
武力行使か返済かでプレーヤーを悩ませることでしょう。


フラッシュノット完成品2号ができました。
プレイ中の写真を交えた詳細な紹介は今週中に別項で。
携帯向けの公式サイトも設置しました。
今週は3つ目の出展物WaRtzの仕上げと、ゲームマーケットの
サークルカット作成をこなしていこうかと思います。
[PR]
by souka_t | 2011-01-31 20:08 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 林芙美子 【骨】 砂漠の戦い3 カノントータス小隊 >>