【ボードゲーム】同人ボードゲーム・NOBUNAGA


写真の撮り忘れの関係で、先々週の会で取り扱ったボードゲームはこれで最後。
栄えあるラストは、NPCがいる珍しいカードゲーム・NOBUNAGA。製作はこちら

このゲームは、プレーヤーが信長の家臣となり、
他勢力への侵攻計画を論議し、侵攻時に一番手柄を取り
得点していくという内容。
NPCの信長が得点する場合もあり、信長有利な設定が組まれているため、
勝つためにはプレーヤー家臣団のCOOPが必須となってくる。




プレイ感想。

信長軍が勝つこと前提といった戦国ゲーム化はかなり思い切っている。
家臣団になっていかにして信長より功績を挙げるかという
太閤立志伝を彷彿とさせるルールもかなり斬新だ。
信長NPCという要素は2人プレイでも3人プレイでも上手く機能していた。
何度か信長に敗れ、"談合必須"という言葉が出てしまうあたり、
実績厨房たる自分たちらしいこのゲームを表現した言だったと思う。

現にカードドラフト段階である程度の談合を交わさないと、
圧倒的に多いカードを有してしまう信長の勝ちが確定してしまう。
故にコミニュケーションを必須とするCOOPゲームという面も持合わしながら、
2枚目で得点が変わる勢力カードをいかに利用して他を出し抜くかの
謀略ゲームともなる。

いろいろとよく出来たルールだと思ったが、
特筆すべきはNPC信長の仕立て上げ方が上手かった点だろうか。
はじめはアナログカードゲームでNPCってなんじゃそりゃと思ったけど、
やってみるとNPCに負けた時の悔しさはかなりのモノ。
その都度もう一度やってみたくなるのでリプレイ性もそこそこ高い。


オススメ度: 戦戦戦
熱中度: 攻攻攻
シンプル度: 協協協
個人的お気に入り度: 覇覇覇

[PR]
by souka_t | 2010-10-21 08:19 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 【同人制作】A4サイズラミネー... 【ボードゲーム】同人ボードゲー... >>