【ボードゲーム】ペンギンパーティー


今週も後半だけど、ここからじゃんじゃんいくよ!!
ボードゲーム紹介。

今回は ペンギンパーティー

アミーゴ社から発売しているドイツゲーム。
絵柄が全てペンギンという、ペンギン好きによるペンギン好きのための
ペンギンゲー。そのペンギン愛たる象徴はなんといってもマニュアルだろう。
ゲームの出番順を決めるのに"最もペンギンを見た日が近い順"にプレイとある。

最近気づいたのだが、同人ボードゲームのマニュアルネタにも似たような
記述があった。恐らく元ネタがコレか、もっと昔のマニュアルにあると思うのだが、
この起源がなんなのか非常に気になる。

もし、お詳しい方がいましたらコメント欄などでお教えください。





ルールは、カードの色に合わせて次々とピラミッドを作っていくというもの。
手札を全部使えば上がりで、出せなくなった場合1ラウンド終了。
単純明快なため、5分も説明すれば誰でも理解できる。


プレイした感想。

以前2人でプレイした時は、正直微妙だった。
今回3人でプレイしてみたら、その印象は覆り、大変スリリングな展開となった。
プレイ中に発せられた「損切りゲー」という言葉は大変的を射ていて、
いかに損をさせるか、いかに最小限に損をするかが、このゲームの
キモと言っても良い。ゲーム自体も大変軽いので、リプレイ性に至っては
ニムトと双璧を成すぐらい優れている。
ティータイムに談笑をしながら多人数で遊びたい一品だ。


オススメ度: 鳥鳥鳥
熱中度: 皇皇
シンプル度: 立立立立立
個人的お気に入り度: 歩歩歩

[PR]
by souka_t | 2010-10-14 18:53 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 【ボードゲーム】マジコンガイスター 【ゲーム】ゴーストリコンアドバ... >>