手作りジンジャーエル 完結編

前回、デイリーポータルにあった精製法を信じてジンジャーエルの作成に挑んだが、
ただの生姜飲料水になってしまい大失敗。
材料がだいぶ余ったので先週中頃に再度挑戦。


2度目は匂いも味もマイルドな"岩下の新生姜の汁"を使用。
元々ある程度調理されている新生姜ならばジュースに
近づくのではという期待があった。


薄いピンク色がジンジャーエルとは遠ざかったがジュースっぽくはある完成品。

試飲。

ブフーーーッッ まじい!!!

新生姜と砂糖水を合わすと、ヤバイ味になる。
これは危険だ、真似するな。

奇しくも2度目の挑戦も失敗に終わる。



そして、先週末のお誕生日会。
この日のためにG-CHILD博士が用意した新薬
濃縮ジンジャーが到着。

これを少量使ってソーダ水などで薄めれば、
ジンジャーエルになるというスグレモノ(博士談)。
写真を見ていただくと分かるとおり、色が既にそれっぽい。
第一回の生姜ではヨーグルトをペットボトルに詰め込んだような
濁りっぷりだったが、今回のはクリアなウーロン茶色。
今までとはなにかいろいろと違う!!


まずはそのままの味を試すためソーダ水で割ってみる。

試飲。

なんと、1:5以下で割ったが見事なほどにジンジャーエル。
とんでもない濃縮っぷりなのはいわずもがな、
驚くほどにジンジャーエル味。
市販品の材料でもここまでジンジャーエルに近づくものなのか!!


次に三ツ矢サイダーで割ってみる。

試飲。

濃縮ジンジャーエルの甘味と、サイダーの甘味が合わさって、
若干しつこい甘さになったが、明らかにジュースの域。
ほどよい炭酸とジンジャーのちょっとツンと来る感じが
なかなか乙。


という訳で、3度にしてようやくジンジャーエルになりました。
皆もレッツチャレンジだ!!
[PR]
by souka_t | 2010-09-17 07:48 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 実績150000達成。 家庭教師ヒットマンREBORN... >>