【ゲーム】ウォンテッド・実績コンプ感想


FE買いに行った時に一緒に救済してきたXBOX360版ウォンテッド。
実績1000コンプまでプレイしたのでその感想。

■ゲーム簡易説明■
このゲームは、同名の映画を題材とした三人称視点のシューター。
映画どおり主人公の特殊能力で弾丸を曲げられるのが特徴。



映画のネタそのままとはいえ、弾丸を曲げて壁に隠れる敵を倒す
アクション自体は趣がありました。
道中も、ミニゲーム的な狙撃や重機関銃などが所々に設けられ、
それなりに飽きさせない工夫が感じられました。

全体的にこれでもかってぐらいエイム力を要する内容で、
いささか昨今の流行に乗り切れず、古い文法に則った手堅い造りです。
カバー周りもよく出来てはいますが、昨今のカバーができるシューターでは
これぐらい出来て当たり前な感があります。

同じグリン制作のターミネーターに比べれば大分遊べる内容ですが、
オンライン対戦無しの9ステージというのは、物足りなさを感じます。
実績1000を目指すなら4周必須なこともあり、それなりに長く遊べます。

決して駄作という程ではないですが、よくある映画ゲームの範疇でした。


総評するに、フルプライスでは微妙。ワゴンで見つけたならばオススメ。
実績的にそこそこ美味しい。
[PR]
by souka_t | 2010-07-29 14:28 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】久々にニンテンドーク... ピザーラ >>