納豆カレー
時折カレーの話題で持ち上がる"納豆カレー"とは、
本当に美味いのか?
今回はその疑問に挑戦!!。


まずはレトルトカレーを煮る。
使用したのは安さとそこそこのカラさで定評のある"カレー職人"。



納豆は誰もが知る納豆界の大御所"おかめ納豆"。
付属品のカラシと出汁醤油に、更に練りカラシとキッコーマン醤油を足した
カラめの設定。



ライスに納豆を乗せ



そして煮立ったルーをぶちまける。
これで完成だ。

いざ、食審。

うん、なんというか普通に混ざり合う。
カレーの濃厚な味と納豆の粘質は喧嘩せず、上手く溶け合って、
納豆自体がカレーの具の1つとしてしっかり機能してる。
逆を言えば、具の1つという存在感にしかなっていない。
予想以上に納豆が豆でしかないんだ。
カレーに豆を入れたぐらいの感じで、豆が納豆になった
意味を失うぐらいに、カレーのルーの濃厚味が納豆の粘質に
打ち勝ってしまうんだろう。あれだけカラシを入れたのに
ただの豆になってしまったんだ。これは面白い。
たぶんサヤエンドウの中身を入れても同じような味になるだろう。
美味くなったというか、平凡な具が1つ増えたぐらいの感覚だよこれは。

と言う訳で、結論的に凄く美味くなる訳ではないが合わない事は無いってところだ。
[PR]
by souka_t | 2010-07-09 06:55 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
Commented by ななし at 2010-07-09 23:24 x
ココイチでそういうメニューがあるのです・・・おそろしい
Commented by souka_t at 2010-07-10 09:29
ココイチ終わったな。
<< エルビーグレープティー 七夕 >>