【ゲーム】スプリンターセル二重スパイ クリア感想

海外ゲームフリーク内で新作が賑わってる
スプリンターセル。その前作を今更クリアしたので、その感想。

■ゲーム簡易説明■
このゲームは、UBIソフトのトムクランシーブランドの1つで、
三人称視点のスニーキングゲーム。副タイトルにあるとおり、
二つの勢力間で二重スパイとなってミッションをクリアしていく
ストーリー性も特徴的な一作。


初回ハードクリア。
自分、こんなにスニークゲー好きだったっけ・・・?
ってぐらい楽しめた。

あまりにタイミングがシビアなので、
序盤からリトライしまくりでしたが、
要領を掴んで来ると大変楽しくなってきました。

敵の後ろに付いて絞め上げるスニークゲームはたくさんありますが、
撃った特殊弾丸に仕込んである小型カメラから噴出す催涙ガスで
敵をやりくるめるのは初です。さすがトムクランシー、ガジェットが
未来的というか斜め上で最初は用途が分からなかった。
使いこなすと本当にスパイって感じでカッコイイです。

特筆すべきはミッション内容でしょうか。
二つの勢力それぞれに友好度が設定してあって、
目標をこなすか無視するかで上昇下降し、
両陣営の顔色を伺いつつ立ち回るというシチュエーションの
再現は大変面白いアイディアだと思います。

全般的に造りが粗いのは否めませんが、
荒削りながら、スニーキングゲームとして
面白い要素は一杯ありました。
ヒットマンとヴァンパイアレインを楽しめる人にはオススメです。


総評するに、玄人好み。
[PR]
by SOUKA_T | 2010-05-07 07:40 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】オーバーロード1000達成 【ゲーム】PS3・アンチャーテ... >>