【ゲーム】ディフェンスグリッド・実績コンプ感想


半額セールの時に買っておいたXBLAソフト、
デイフェンスグリッドを実績200までやり込んだので、その感想。

■ゲーム簡易説明■
このゲームは、フラッシュゲームで若干のブームを起こした
"タワーディフェンス"と呼ばれるジャンル。
絶妙なゲームバランスと、とことんやり込めるボリュームで
ライブアーケードユーザー間で話題となった。



配信当初より良作との話は所々で耳にしていましたが、
よもやここまでドハマりするゲームとは思いませんでした。
操作やルールはシンプルながら、より良い評価を目指すとなると
とても奥深い。実績コンプを目指す途上ですっかり魅了されてしまいました。

なんと言っても、タワーそれぞれの役割と、それに対する敵の
バリエーションが面白い。
威力を取るか、回数を取るか、範囲を取るか、素早い敵に備えるか、
群体に備えるか、などなど、ホントにいろいろと考えさせられる。
その試行錯誤が非常に楽しい。

限られた配置場所に、いかにして効率良く迎え撃てるように
タワーを置いていくかという、タワーディフェンスの
基本を地で行くド直球な内容ですが、基本を全て磨き上げたような
洗練さがこのゲームの一番の売りなのかもしれません。

実績も若干作業になるものもありましたが、
比較的楽しく解除できました。

総評するに、ライブアーケードの中ではイチオシです。
思考型ゲームが好きな方は是非。
[PR]
by souka_t | 2010-05-01 15:28 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< テングビーフジャーキー味 コー... クラッシャーズ・白桃オレ >>