【ゲーム】ゴーストリコンアドバンスウォーファイター2・クリア感想

新年セールで藤沢シータで救済してきた、
ゴーストリコン2のクリア感想。

■ゲーム簡易説明■
このゲームは、海外ミリタリー小説で御馴染みのブランドにして
UBIソフトの看板シリーズ・トムクランシー作品の
サードパーソンシューティング。特殊部隊を題材とし、
数々の近未来的な兵器が登場する事で話題となった。



個人的にはかなり面白かったです。
人に勧められるかどうかと言われれば、
今のご時世では微妙ですが、
ミリタリー系FPS・TPSの中でも
独自性の強い路線を歩んでいるように感じました。

シューターというより、プレイ感覚はシミュレータ的。
部隊の面々と数々の支援機を指揮しての攻略は、
なかなか趣があり、似たような造りのブラザーインアームズよりも
高い次元で、チーム戦をゲームとして成り立たせていました。

既存のシューターと比べると、レスポンスやエイムが
一時代前の物に感じますが、近未来戦的な雰囲気においては、
最高の造りで、索敵を要とした独特なシングルプレイ展開は、
まだまだ発展する余地があり、いずれ成熟した時に
どうなるんだろうという期待感が持てます。

何故か昨今のUBIのゲームは、こういった流行の皮を被った
独自路線の有望株が多い気がします。
ブレイジング&ホークスのUBIフライトゲームしかり、
ファークライの箱庭おつかいRPGシューター&エディッタしかり、
エンドウォーのボイチャコントロールRTSしかり。

何が恐ろしいかと言えば、
どれもアサシンクリード2のように成熟させてしまう可能性があるという事。
昨今は続編で残念な事になる場合が多いですが、
UBIの場合は大抵確実に1歩前へと進み続けてるように感じます。
個人的には大手の中で最注目ブランド。
ローカライズ率がEAと双璧なのも心強いです。


総評するに、近未来戦が好きな人にはオススメ。
オンはまだいっぱい人がいました(2010/2月現在)
[PR]
by souka_t | 2010-02-26 20:45 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】スパーリング 【ゲーム】フェイブル2・実績1... >>