朝日名人会ライヴシリーズ19 五街道雲助1

忠臣蔵の歌舞伎を題材とした「淀五郎」と
三遊亭圓朝原作の 長編序章「名人長二 仏壇叩き」 を収録。

どちらも良かった。


「淀五郎」は、歌舞伎の定番演目「忠臣蔵」の序章で
腹を切らされる塩治判官の大役を新人演者に突然演じさせるという話で、
その新人がタイトルの「淀五郎」
彼が右往左往してどうすれば塩治判官の切腹を上手く演じるかを
模索するのが主な内容なのですが、その際に先輩方から教わる
演者の心構えなどが興味深かった。

長編の序章「名人長二 仏壇叩き」は
作品背景から非常に面白く、落語にしてはかなりしっかりとし過ぎた話。
人情落語って分類をはじめて知りました。
この一編だけでも主人公長二の魅力を伝えるに充分だったため
続きが気になります。 そのうつ何かで続きを聞きたい。






■  [PR]
# by souka_t | 2015-09-02 08:24 | 落語 | Trackback | Comments(0)
僕たちのゲーム史

スーパーマリオのようなゲームはなぜ出なくなった?
という疑問から端を発し、過去から現在までの
主に国内のデジタルゲーム史を追う一冊。

大変面白かったです。
いままでいろいろ言われていた言説を
時代背景と著名人の発言を拾って検証していくスタイルが、
堅実というか、ガッチリした説得力があって良かったです。

ファミコン直撃世代なので、なんとなく 
ああそんなこと言われてたし自分も言ってたなー 
ということが走馬灯のように回想できる内容でした。
振り返ると、こんなもの流行るわけねーだろってものが
次の時代の主流になってきたかことが実感できます。

特に自分はデジタルシミュレーション大好き人間だったので、
元々というか今なお「できるかぎり史実の状況を再現できる」
にこだわる派で本書でも「史実派」に分類される人です。
たしかに武将の能力や機体の性能にこだわる「データ派」も
いたし、そんなんどうでもいいから気持ちよく遊ばせろという
「ゲーム派」もいて、いまやゲーム派が主流といっても良い
現状であります。
当時は、そんなに史実から逸脱したかったら歴史モノや
現代戦争モノじゃないファンタジー(非現実)を舞台とする前提でやれ
っていうのが我々の言い分で、ガチャポン戦士やファイヤーエムブレム
などは、その範疇であったために史実派でありながらもすんなり
楽しめたという過去を、本書に振り返らせられました。

自分の中の「そんなもん流行るわけねー」の最初は
本書でも任天堂側が主張してた  光学メディアのローデイングの遅さ 
でした。 自分はディスクシステム・PCエンジンロムロムと思い切りその
茨の道を歩んできたので、結局このローデイングはねーなーと思い、
処理速度の速いパソコンゲームにシフトして、32ビットゲーム機戦争は
はじめ傍観決め込んでいました。

次の「そんなもん流行るわけねー」は音ゲーでした。
自分はビートマニアの3ステージぐらいしかまともにクリアで
きなかったので、こんなピアノばりに指をせわしく動かすゲームなんざ
多くの人間ができるわけねーと思いました。

更に次は、無双ゲーム。
こんなもん史実派もデータ派も絶対に認めちゃならねえっ
とすら思ってました。ぶっちゃけ今も半分おもっとります。
でもゼルダ無双とかナインティナインナイツとかは範疇的にアリ。

で、割と最近がダウンロードコンテンツとダウンロードゲーム。
これは手元に実物が無いものを多くの人がほしがるわけねーだろ
と思ってましたが、デジタルネイティブ世代にはそんなもんカンケーねえ
って感じになってきました。

直近では課金ゲームなんですが、
そのうち課金を逆手に取ったとんでもない楽しみ方を提供する
ゲームが登場するんじゃないかなと思ってます。


いやー おもしろい本でした。
ゲームってほんと楽しいですね









■  [PR]
# by souka_t | 2015-09-02 06:44 | そこはかとなくゲーム系 | Trackback | Comments(0)
2015年 月曜更新第35回

月曜更新です。

コースターセットじわじわ減ってるのでお早く!!



UFCとボードゲームについて語るボットキャスト・ボォFCさんで、
拙作・奥義伝承を取り扱われました!! ありがとうございますっ!!
ボットキャスト扱われると嬉しいっすねえ。
ちなみに自分が好きなタッグはクラッシュギャルズと2000万パワーズです。

もう3年前になるんですねー、奥義伝承はパッとアタマに降りてきて
コレだって感じにパパッとテーマのっけて、物凄いトントン拍子で
制作した覚えがあります。 我ながらテーマとシステムがハマった
良いゲームで、毎度楽しく制作している中でも
一際楽しくやってた作品でもあります。
自作ボードゲームでメールの感想もらったのも
奥義伝承がはじめてだったかも。
そろそろ奥義伝承のシステムをもう一度整備して、
進化かさせた続編を制作したいですね。

実は奥義伝承システム、
ほぼほぼ流用して三大秘宝というゲームを作り、
前回のゲムマでシークレット特典として
放出してたりします。
この世に一品しかないのでプレイできた人はラッキーだ!





■たこやき挑戦




家で、なんと、たこやき器が発掘されました。
こりゃ使うっきゃないと思い、まずは材料確保。




先日、カレー作ったときナン作り過ぎて小麦粉が無い。
なのでベーカリー用の小麦粉を使うことに。
ふっくらするならそれでいいだろうよーっ





溶かす溶かす。 水を抑えて濃い目に溶かす。





タコ無いから、なんかてきとーに具を入れようぜってことで
主にコーンとタマネギ。 駄目押しでコエビ、
趣味でとうがらし2本とデスソース数滴、青ノリ。
こんだけ入れりゃタコヤキの皮っぽくなるだろー




混ぜる、混ぜる、ひたすらに混ぜる。
ぐんなり混ぜる。







タコヤキ器に油を引いて、どろりと流し込む。
金属製のせいか加熱が早い、みるみる固まっていく





そして閉める。ジャーンククラッシュ。





ひっくり返す。 おお、いい感じ。
焦げ目こそは無いがこんがりやけてる感じ。こんがり。





皿に取り出す。
1個づつ型がしっかりして見た目はわりといい感じだ。





いただきますっ!! 念願のたこやきライスやでえ。




さて、お味のほどは・・・

お好み焼きの残骸みたいな味だった。
粉物なんて大概そんなもんだから悪くは無いが、
目指していたものとはやや違うな。

振り返るといろいろ反省点がある。
タネをもうちょい水足して薄く作り、
もうちょいじっくり焼いたほうが良かったっぽい。
具もあげかす入れたらもうちょいサクサクするんじゃないかな。
次回はもうちょいタコヤキらしくしたい。

次回あるのかよっ!!






■  [PR]
# by souka_t | 2015-08-31 18:17 | 日々よしなし事系 | Trackback | Comments(2)
グラム氏による8月の休日に遊んだゲームの感想

グラム氏による8月の休日に遊んだゲームの一言感想です。




■キングオブトーキョー ハロウィン南瓜の大決闘
怪獣2体に、奪われる可能性のある保持カードと、相手に渡すマイナス効果の進化カードが追加。毎ターン勝利点獲得のジャックを、毎ターン回復で東京に居座るブギーが追い上げて逆転。







■ルーニークエスト
透明シートに線を引くアドベンチャーゲーム。2ワールド、氷の世界を攻略。隠しボーナスの妖精をみつけたものの接触できず。







■GT-R(ガッタイロボ!)
テレキネシスゲームズさんの3人用協力ゲーム。今回は3人とも暗黙のうちにドレッド帝国壊滅を目指し、3話でスピード決着。






■レディースオークション
ショーナンロケッティアズの3人用。ダイスでアパレルを落札。ブランド1種でコーディネートを完成させた方がいて圧勝。







■ウサギのカレー
ショーナンロケッティアズのドラフト&バッティング。今回は木星ジョロキアが必ずひかりのたまに無効化される展開に。







■まじかるすくーる
特殊ダイスで魔法学校の単位を獲得していくゲーム。錬金術からの悪魔召喚に成功して10単位達成。






■スシゴー
わかりやすくシンプルなドラフトゲーム。ニギリにサシミにプリンにといろいろ手を出した結果、スシロール特化にあと1点及ばず。








■藪の中
オインクゲームズさんの代表作。3人の容疑者から、一定のルールで決まる犯人を予想。ある程度慣れてくると、2/3で当てられるような気がします。








■クルクルケッコー
94年のドイツ年間ゲーム大賞作品。電池で動く、微妙な指の感覚で攻撃するアクションゲーム。特にビジュアルが魅力で、盛り上がりはトップクラス。






■ラーダイス
名作競りゲームのダイス版。元のラーの方は未プレイですが、こちらは2人対応なのと、相場観が不要なのが手軽な印象。毎回ファラオが軽んじられているような。大災害は1回(モニュメント)。







■バオバブ
カードを載せて樹冠を広げるアクションゲーム。慣れてきたのか、次の手番の振動で落ちるように端に配置する局面も。投げて配置する鳥カードも全員合わせて2枚成功。







■イチゴリラ
すごろくやさんオリジナル商品、カードごとに獲得するための枚数が違う神経衰弱。初版。123に比べて4や5のカードは枚数が多い上、色味まで似ていて紛らわしいと今更気づきました。






■こぶとり!
神経衰弱繋がりで、ゼロハウスさんの2010年秋の作品。特殊効果が大味なパーティーゲームです。






■来年の新作(仮)テスト
ショーナンロケッティアズ来年春完成予定の新作協力ゲーム。初手敗北対策と、難易度アップのバリアント案が出ました。







■ゴーストストーリーズ
4人の道士が悪霊から村を守る協力ゲーム。緑道士の祈りと、赤道士と青道士のタオを合わせて黄道士がトドメ。化身が弱い方だったのもあり、初心者ルールで11点。





プレイ評/グラム






■  [PR]
# by souka_t | 2015-08-31 05:42 | ボードゲーム | Trackback | Comments(0)
GM秋 ショーナン作品予約受付開始
GM秋の新作予約開始しました。
コースター類は大変少数となっていますので
今回予約のみとなっています。
コースターセット希望の方はお急ぎくださいましっ><

新作はウサギの黄金時代冷戦ペンギンですが、
他にも予約のみで旧作も取り扱ってます。
こちらも材料が続く限り受け付けますので、
ぜひぜひ新作といっしょにご注文くださいましっ!!





■  [PR]
# by souka_t | 2015-08-29 20:07 | 同人ゲーム制作 | Trackback | Comments(0)
冷戦ペンギン その3

既に準備は万端!けれどゲムマ秋までまだまだ遠いい!!
なので、先立って冷戦ペンギンウェブサイトを公開です。 
詳細なルールも掲載してありますので要チェキ。


さて、今回はゲームを一変させるアクションカードの紹介です。
アクションカードは1度しか使えない切り札。
それがゆえにどれも絶大な効果を持っています。
アクションカードの効果で勝敗を決するなんてザラ!



まずはツイッターや当ブログでこのゲームの
顔役を担った「報復」のカードです。

効果はマホカンタのようなもので、
相手の攻撃をそのまんま跳ね返します。
冷戦ペンギンでは2度のアタックで
プレーヤが脱落してしまうので、1度を防げる
というのはとても心強い。もってて安心!
やたら好戦的な面々で遊ぶ時は優先度の高い1枚です!





続いて「一撃離脱」のアクションカード。
他者を攻撃した後に手番順が逆になります。
ウノで言うところのリバースに該当するカードですが、
状況を把握していないとかなり危険な効果です。
前述通り冷戦ペンギンは基本2回の攻撃で1人が脱落
するので、手番順の味方の位置が重要です。
ただ、条件が揃うとかなりクリティカルなカードなので
トリッキーながら威力は絶大といった感じ。
これで勝つとちよっとカッコイイ!!






最後に「洞察」のアクションカード。
他者1人のの陣営を確認することができます。
人狼でいうところの占い師に該当するカードですね。
冷戦ペンギンは4人専用という性質上、
1人の正体が判明すれば状況が分かり優位に立てます。
なので一見かなり万能なカードに見えますが・・・
なんと冷戦ペンギンは類稀に見るほどの
正体隠匿系超ショートゲームなのです。
なので1手番を費やすことのリスクが大きいため、
状況を把握して動き出そうという時には
趨勢が決している場合が多々有りますッ。
しかしゲーム中一番ニヤニヤできるカードですっ!!




以上がアクションカードの一部です。
これが8種類あります。 他に目的のカードを集めるに適した
ものや、妨害するものな゛どがあります。
それは製品版で遊んでからのお楽しみにっ



そして、 コースターセットも予約限定で販売することになりました


上の2つのコースターが付いたコースターセットを
予約のみで販売します。 かなりグッズとして良いデキなので
ぜひぜひコースター付きをお求め下さいまし。 2個なので+1000円に
なってしまいますが、いつもどおりゲーム本体はお安いっす><
ウサギの黄金時代同様かなりコースターの部数を押さえ気味なので
お早めに! 週末には予約開始予定です!!






■  [PR]
# by souka_t | 2015-08-28 08:32 | 同人ゲーム制作 | Trackback | Comments(0)
ウサギの黄金時代 その3

ウサギの黄金時代紹介その3
ゲームマーケット秋までまだだいぶありますが
ゲームのほうの用意はほぼほぼ終わりました。
そろそろ加速度的に情報を出していきます!

製品版のマニュアルに画像解説を加えたものを
掲載しましたので、詳細なルールはウェブサイトで
ご確認ください。 大変分かりやすくなっています!

さて、今回もウサギの黄金時代よりキャラクター紹介

ウサギの王国の支配者にしてウサギ族の「兎神王」
と称えられた王の中の王、ネスレ6世です。
小冊子「ウサギの本」の年表でその名は先行して出していて、
ここでまさかの登場です。

ウサギの黄金時代は、このネスレ6世の
治世が舞台となります。
神格化されたネスレ6世を直に支えた2人の宰相を
プレーヤーは演じ、ウサギ族の繁栄を演出するのです。
実はこのネスレ6世はウサギのタロットにも登場しています。
しかし今回はパッケージ画だけの登場っ(爆)



ここからゲーム内容の話。 今回はメインになる政策カードを紹介。


これがゲームのメインとなる政策を実行するカード。
ウサギ族の黄金時代に実行された政策の数々が記されています。
カード自体にはグラフィックと、その効果を表すアイコンがあり、
更にテキストで効果内容を補足する二段構え。 わかりやすい!
ゲーム本編ではアクションチップを使用して、
これらの効果を実行していきます。
そうこうして物資を蓄えて、最終的に上手く6勝利点に変換した
プレーヤーが勝利となります。 だいたい1ゲーム20分ぐらい!



もうそろそろ予約開始していきますっ


予約限定で、コースターセットを販売します。
絵柄は上の写真の四角タイプのコースターになります。
ひじょーーに数が少ないので予約お早めに!!
ほんと もうすぐはじめるからねっ


次回は第一回で予告して紹介し忘れてた新要素について解説!




■  [PR]
# by souka_t | 2015-08-27 11:25 | 同人ゲーム制作 | Trackback | Comments(0)
スーパーロボット大戦MXクリア感想

先月ぐらいにハードオフで救済してきた
スパロボMXをようやくクリアしたのでその感想。


久々のスパロボでしたが、だいぶ楽しめました。
さすがに60ステージ近い長丁場はもうキツイものがありましたが、
比較的どの機体も使い込めば強く、最後まで戦い抜ける仕様だった
のが良かったです。お気に入りのキャラや機体を思う存分使えた
感がありました。 初期のスパロボと比べると大分回避ゲーから脱却
したってところでしょうか。自分はDC版αあたりからやってなかったので
だいぶ変わった印象を受けます。

初回は電童メインでプレイしてたんですが、電童だけエネルギーに
特殊なルールが採用されていた点が良かったです。
専用のハイパーデンチの原作再現はファン的にウレシイ。
それにエネルギー部分で凝った演出やルールがあると
なんともスーパーロボットらしくて良いです。
他、電童に加えGガンダム・ダイモス・バイカンフーと格闘ロボ多目で
その関連で絡みが多いところににやりとさせられました。
格闘機体はやっぱりロマンですねぇ。

全体的に楽しくプレイできましたが、
やはり体力が衰えたのか、終盤の長めのマップや全体の
通し60話近い道のりは相当堪えます。
ちょっと引継ぎ要素があるけど二週目をやるか迷う長さですね。
30話ぐらいなら3週ぐらいする気になるんですが、
スパロボEXみたいな短編が3つ4つっていうのもわりと昨今には
良い仕様と思うんですが、どうでしょ? 60話はキツイなあ。
でも充分お気に入りの機体を暴れさせたからよかったよかった。 





■  [PR]
# by souka_t | 2015-08-25 19:24 | Trackback | Comments(0)
ケイさんのPSドラゴンクエストモンスターズ2感想


ドラクエモンスターズ1に続き、2をクリアしました!
1はモンスターの大会による対戦重視だったんですが
2は物語重視って感じです。普通のドラクエっていった感じです。
1よりでてくるモンスターが多くなってますね!
でも謎ときとかは普通のドラクエより簡単で
誰でもがクリアできちゃう難易度でそれほど苦になりません
闘技場も一応あるけどクリアしなくても物語のラスボス倒してEDみれます

特記すべきはわるぼうのかわいさです!
わたぼうよりプレイヤーとのふれあいがあって
とっても親しみがもてます!
わるぼうを自分のモンスターとして使いたかったなぁ!
配合でつくれたりするのかな?最後まで仲間にならなかったし…



レビュー/ケイ






■  [PR]
# by souka_t | 2015-08-25 18:55 | Trackback | Comments(0)
2015年 月曜更新第34回
月曜更新です。

先週はデジゲー尽くし。
ゼノブレイドをようやく終わらせて、スパロボMXも終わらせられるか
と思いきや、終盤のステージがどれも長丁場で苦戦中。
今週中に打開したいところです。

平行して久しぶりにツクールをいぢってるんですが、
だいぶ古い2003でも多機能過ぎててんやわんやしてます。
何か短くて変なゲームをツクりたい。 そこそこまとまったら公開して
ツクールリハビリ終了からの、SRPG新作を本格的に着手したいところです。

来年のボドゲ新作もあれこれ考え中。
1つお手軽なのやつは完成しそうで、メインのやや重厚なやつがまだ全然
まとまらない。 これもそろそろがんばりたい。


■月曜のお菓子

久々のお菓子コーナー。
今回はハイキューのストラップをゲットするために買ってきた
セブンのおかし2つ。



ハイキューストラップは今回第二弾ですが、
第一弾の時は甘ったるい対象商品ばかりでちょっと引き気味でした。
今回はスパイシーなラインナップだったので購入。






・カイミソース

四川のピリカラというキャッチは良いものの、
辛味のほどは薄いキムチ風味。
こんなカラさじゃお話にならない。






・チップスター ホットチリ味

これもホットチリの名を冠するほどのカラ味はないが
悪くない。 ポテチとしてはクセになる濃い味だ。






みんな大好き菅原先輩のストラップ。
自分は守護神が好きだけどプレゼンツ用に確保したので
人気がある菅原さんをチョイス。



最近はハバネロ系もよく見かけるから、ゲキカラキチガイを
うならせるほどの辛味があるかなと思ったけど、まったく全然。
やっぱりデスソース片手に3食しっかり食ったほうがいいな。





■  [PR]
# by souka_t | 2015-08-24 16:32 | Trackback | Comments(0)